カードローン

 トイチとは?〜文字通り『法外な金利』〜

闇金融の世界では当たり前の金利となっているトイチとは十日で一割の金利の略称であることはご存じの方も少なくないでしょう。十日で二割ならトニ十日で三割ならトサン十日で四割ならトヨン十日で五割ならトゴという具合に続いていきます。ただ、そこから先はあまり知られていませんが、ヤミ金の場合は単利ではなく複利が常識となっています。単利と複利はどう違うのでしょうか。まず、単利と複利の違いからご説明いたします。

 100万円をトイチで借りた場合で考えましょう。単利でトイチの返済シミュレーションは次の通りです。

借りてから10日目 100万円(元金)+10万円(トイチ利息)=110万円(返済金額)
20日目 110万円+10万円=120万円
30日目 120万円+10万円=130万円
40日目 130万円+10万円=140万円
50日目 140万円+10万円=150万円
60日目 150万円+10万円=160万円
70日目 160万円+10万円=170万円
80日目 170万円+10万円=180万円
90日目 180万円+10万円=190万円
100日目 190万円+10万円=200万円
110日目 200万円+10万円=210万円




 続いて、単利ではなく複利計算の場合です。こちらの複利方式が実際にヤミ金で使われる金利方式となります(千円単位で四捨五入)。


借りてから10日目 100万円(元金)+10万円(トイチ利息)=110万円(返済金額)
20日目 110万円+11万円=121万円
30日目 121万円+12万円=133万円
40日目 133万円+13万円=146万円
50日目 146万円+15万円=161万円
60日目 161万円+16万円=177万円
70日目 177万円+18万円=195万円
80日目 195万円+20万円=215万円
90日目 215万円+22万円=237万円
100日目 237万円+24万円=261万円
110日目 261万円+26万円=287万円




 いかがでしょう? 単利の場合は利息が一定であったのに、複利を見ていると、利息まで雪だるま式借金という実感が沸くことかと思います。同時に、こんなの完済できるはずがないという実感も得られるはずです。ちなみに単利トイチは年利365%であるのに対し、複利トイチは年利3142%となります。

トイチでたった1円だけを借りて10年間過ぎるとどうなるのか?

 さらに、雪だるま方式をもっと実感するために、トイチの闇金融で1円だけ借りて10年間過ぎた場合の返済シミュレーションを見てみましょう。便宜上、一年を365日のみとし、閏年は省略しています。

トイチ利息で1円だけ借りた場合の返済シミュレーション(複利)
経過年
計算式
返済金額
(四捨五入前の数字)
1年目
1*(1.1^36.5)
32円
(32.42149286353195671433…円)
2年目
1*(1.1^73)
1,051円
(1051.153199500053598403…円)
3年目
1*(1.1^109.5)
34,080円
(34079.95595606977091101…円)
4年目
1*(1.1^146)
1,104,923円
(1104923.048819199480516…円)
5年目
1*(1.1^182.5)
35,823,255円
(35823254.74204364776956…円)
6年目
1*(1.1^219)
1,161,443,398円
(1161443397.967655453084…円)
7年目
1*(1.1^255.5)
37,655,728,839円
(37655728838.60464759087…円)
8年目
1*(1.1^292)
1,220,854,943,812円
(1220854943811.915078535…円)
9年目
1*(1.1^328.5)
39,581,939,848,206円
(39581939848205.71271765…円)
10年目
1*(1.1^365)
1,283,305,580,313,353円
(1283305580313352.696899…円)

 「いちじゅうひゃくせんまん…」などと数えずにとりあえず「あれ、これって国家予算すら超えてない?」なんて感じた方は正解です。この規模の数字で比較対象となる金額は国家予算くらいでしょう。それ以上の数字がとっさに頭を過ぎるのは困難なほど、規格外の数字と言えます。ただ、はじき出された10年後の返済金額は、日本の国家予算(2012年予算228兆7659億円)など遙かに超える金額となります。トイチで1円借りて10年経過後の返済金額1283兆3055億8031万3353円となります。そして昨今のヤミ金はトサンやトゴが当たり前で、トイチなど良心的ですらあります。上記の返済シミュレーションを見るまでもなく、トゴの場合ではより激しく雪だるまが大きくなることは自明です。利息制限法や出資法で定められた上限金利の範囲内でのお借り入れを心がけましょう。たとえどれほど切羽詰まっていたとしてもです。トイチなど、返済できなくて当たり前なのですから。

- 平成24年2月 文責:編集部 -

このページのトップへ戻る

ローン融資の総合案内