三井住友カードローン返済

   


   「天に唾する」

これは、愚かな振る舞いの代名詞として知られています。明々白々に、吐き捨てたものがそのまま自分に返ってくるからです。しかも、

   「すぐに」

です。

 悪い結果がすぐにやって来ず、五年後だとしたらどうでしょう。ハードルが少し低くなった気がしませんか? あるいは、自分が生きている間には悪い結果はやって来ないかもしれない。敷居がぐっと低く感じられませんか?
 この心理を逆手に取る形で上手く考え出されたのが、リボルビング払い、通称リボ払いです。

 リボ払いは「完済」を出来るだけ先延ばしにさせる返済方式です。リボ払いをしている人、特にクレジットカードのショッピングでリボ払いを選択している人の目には実は、完済というゴール地点がほとんど見えていません借金地獄への予備軍です

   「貸し付けと返済を繰り返せる」

だとか、

   「返済の際は各社が定めた最低額を払えば良い」

など、一見すると利便性に優れているように思えるこの二点ですが、ここに落とし穴があります。確かに、「貸し付けと返済を繰り返せる」上に「最低額を払えば良い」のですから、毎月の返済額は変わらないままで更に借金が出来てしまいます。しかし、このようにリボ払い漬けになってしまうと、

   「毎月、いくらだけ払ってれば良い」

という発想が先に立ってしまいます。借金をした人が本来考えるべきは

   「いつまでに何回で返せる」

ということです。この発想の差は、決して小さくありません

 借金というものはいつかは返さないといけません。リボ払いだと毎月の支払額が少なく見えるのでつい安心しがちですが、払っているのはほとんど利息だけなので、借金の元本は減少していないのです

   「完済させずに利息だけを延々とむしり取る」

 こんな生殺しのカモになってはいませんか? 一括返済ができるなら検討してください。お借入をする際はそれぞれの返済方法をしっかり理解した上で、 完済というゴール地点を明確に頭に描いて契約しましょう
- 平成22年3月 文責:編集部 -

このページのトップへ戻る

ローン融資の総合案内
不動産担保ローン等
専門家の視点
ご利用は計画的に
フリーローン
目的別ローン
ご利用案内
Copyright© 2005-2017
Banking-g.com
All Rights Reserved.